« 足あらい。清潔=体に良い? | トップページ | 院長の生い立ち(1) »

2006年2月20日 (月)

アレルギー検査

昨日の日曜日は学術セミナー出席の為、診察時間を1時間繰り上げ12:00で終えました。連絡が行き届かず、ご迷惑をかけた飼い主様方にこの場を借りてお詫び申し上げます。

セミナーのテーマは『外耳炎』と『栄養と皮膚病』。

講演の中で、アトピー性皮膚炎の治療の話を東京農工大学の岩崎教授がされました。治療に関わる栄養と言う点では、脂肪酸製剤(当院ではビアクタンプラスを使用)があげられます。基本的に完治しない慢性疾患のアトピー。いかに薬(特にステロイド剤)の副作用を出さずに皮膚の管理をしていくかがポイントです。

アトピーの治療の前には診断が必要です。アトピーの診断は、①まず感染症(ダニ,細菌,真菌)でないことを確認します。感染があれば、まずそれを治療。②病歴、発症部位、皮膚の状態、年令、犬種などを考慮して、診断。

そう、いわゆるアレルギー検査はアトピーの診断には役に立たないのです!!

これは人でも同じです。人でもアレルギー検査はあくまで参考項目です。

当院へ転院されて来られるアトピー性皮膚炎と思われる犬は何頭かいます。アトピーと言われていたが、アトピーではない犬もいます。

最近多いのが、「アレルギーの検査をして、この子は牛肉とスギ花粉があかんねん」などとおっしゃる方々。全て獣医師の責任なのですが、間違った情報に踊らされています。先程書いたように、アレルギー検査でアレルギー物質のある程度の特定は出来ても、アトピー(アレルギー)の診断は出来ないのです。さらに、食物アレルギーに関しては、その特定自体も信頼性が無いのです。食物アレルギーの診断は『除去食試験』という方法によってのみ診断されます。

2~3万円もの検査費用を出して、分かったことは○○にアレルギーを持っているかもね。という事だけで、あとの治療にはほとんど役に立たないのです。しかも食物の項目に関しては信頼度ゼロ。はっきりアレルゲン(アレルギーの原因となっている物)が分かったとしても、食物以外の検査項目で取り除くことが出来るのはノミくらい。スギ花粉だと分かったところで『スギ花粉に気をつけて』と言われてもどうしようもないでしょう。

それでは何故アレルギー検査があるのでしょう?

それはずばり、『減感作療法』を行う時のためです。それ以外でこの検査を行うのは、何となくの興味や何か原因をはっきり形で出したいという欲求でしょうか。

|

« 足あらい。清潔=体に良い? | トップページ | 院長の生い立ち(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27920/769664

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー検査:

» 皮膚病と薬・民間療法 [皮膚病に泣かされて]
皮膚が弱いから皮膚病にかかりやすいという人がいます。日光浴や乾布摩擦で皮膚を鍛えたりしています。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 00時05分

» アトピー性皮膚炎の治療《アトピー性皮膚炎の治療~生活面アレルゲンの退治②》 [アトピー性皮膚炎の治療☆アトピー性皮膚炎治療の解説]
アレルギー性皮膚炎の治療の一環として、生活面でのアレルゲンの退治についてまとめてみました。 ~ その② ~★ペットや動物の毛やふけの退治 ペットは室内で飼わないようにします。 毛皮のコートや動物の毛を使った敷物などはひかえ、羊(羽) 毛布団も避けます。★刺激物質の退治 衣類はやわらかい木綿製品を選び、新品は一度洗濯してから 用います。室内では禁煙とし、線香の使用もやめます。ヘア スプレー、香水なども刺激物になります。ガ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 22時24分

« 足あらい。清潔=体に良い? | トップページ | 院長の生い立ち(1) »