« マダニ | トップページ | 飼い猫等避妊・去勢手術補助金 »

2006年4月21日 (金)

院長の生い立ち(2)

中学校は近くの祇園中学校へ通いました。もちろん公立中学。小学校の同級生では一人か二人中学受験をしていました。武田山という小さな山の中腹に位置し、毎日坂を上って通学していました。半径3キロ以上の生徒は自転車通学できたので、すごくうらやましかったことを覚えています。

中学校に入ると、スイミングクラブも選手コースとなり、毎日きつい練習となりました。今想えばこの時の経験が私に自信をつけてくれたのだと思います。中学校でも水泳部に入りました。友人と水泳部の部室(プール内の更衣室)に行くと、先輩か何人かたむろしていて一人はタバコを吸っていました。その先輩がしょっちゅう唾を吐いていたのを今も覚えていますが、名前は覚えていません(わりと優しい先輩達でした)。というのも、2年生になった時に水泳部が無くなったからです。

家で勉強をすることはありませんでしたが、基本的にまじめな性格の私は授業を常にまじめに聞いていたのでついて行けないという事はなく成績も中の上といった感じだったと思います。勉強もせずに何をしていたかというと、もちろん水泳です。先生の取り計らいで、学校のクラブにはほとんど出ず、スイミングクラブに放課後通っていました。

祇園という町から自転車で1時間位かけて通っていました。原爆ドームは毎日のように見ていました。スイミングクラブに来ている友達のほとんどはもっと近いところから通っていたので、とてもうらやましく思っていましたが、時々、遠いというのを理由にゆっくり行って、遅刻していました。

スイミングクラブでは、初めに2~3kmのランニングをし、そのあと筋力トレーニングを30~40分して、2時間ぐらいの水泳でした。終わるのは8時位で、そこから自転車で帰りますが、途中でよくコンビニに寄り、1Lの麦茶やジュースを買って飲みながら帰ったのを思い出します。多い時は2Lくらいは飲んでいたでしょうか。

私たちの時代の中学校は最悪な時代よりも少し落ち着いてきた時代でしたが、授業中はいわゆる不良の先輩達がベランダを伝わって窓から授業を覗きに来たりしていました。しかし、最近テレビでよく現役の教師が出て『授業にならない状態』と言っているようなことはなく、クラスの番長も授業をかき乱すということは余りありませんでした。一度新任の女性の先生を泣かしていたことはありましたが。

いじめはあり、常に決まったいじめられっ子はいましたが、陰湿なものではなく、休憩中にちょっかいを出されているという位のものだったと思います(もちろん当人がどのように感じていたかは分かりませんが)。当時夏休み明けには全校集会で、各大会でもらった賞状を各クラブの選手が受け取っておりましたが、私もその常連であったので(ちょっと自慢?)、不良たちも一目置いていたのか、まじめな私でしたが、まったくと言っていい位何もしてきませんでした。これも水泳をしていて良かったことの一つでしょうか。

断片的に思い出しながら書いていますので、まとまりのない文になってしまいましたが、今回はこのくらいにしておきます。

Img026 Img026_edited

|

« マダニ | トップページ | 飼い猫等避妊・去勢手術補助金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27920/1491155

この記事へのトラックバック一覧です: 院長の生い立ち(2):

« マダニ | トップページ | 飼い猫等避妊・去勢手術補助金 »