« 駐車監視員 | トップページ | 熱血獣医 »

2006年6月18日 (日)

院長の生い立ち(3)

中学1年生頃に初めて身近な存在となる犬を飼い始めました。  

20060618205840_edited_1 ジュンです。

家族で犬を探しにペットショップに行き、ほとんど全員一致でジュンを選んだと思います。ジュンは見ての通り雑種で、ペットショップでは里親を探していたみたいで、フード代の5000円のみでうちに来ました。本当に優しくいい子で、一緒に散歩していても心強いパートナーという感じでした。もちろん(当時の感覚です)外飼いです。

20060618211059_edited_1 この頃は今のように動物病院に連れて行くのは何かあったときだけで、予防といえば狂犬病注射くらいしか頭にはありませんでした。また、今ほどのことを動物病院に期待もしていなかったように思います。実際よく連れて行っていたところは、古臭い建物で、診察台が手術台というような所でした。

ジュンは確か2回子供を生み、2回目に生んだ子の内一匹がうちに残り、後は近所の人のところへ行きました。残ったのが『シロ』です。「そのまんまかよ」と言われそうな名前ですが、当時はみんなそんなもんでしたよね。

シロはジュンと違い、あまり頭は良さそうではなく、おてんば娘という感じで可愛かったのを覚えています。

私が鳥取の大学に行っている間に2匹とも亡くなってしまい、今考えると、フィラリア症にでもなっていたのかなと思い、心が痛みます。

|

« 駐車監視員 | トップページ | 熱血獣医 »

コメント

お久しぶりです。
幸せそうに見えるじゃないですか、二匹とも。
僕は犬も猫も大好きです。
特に薄汚れたヤツを見ると、とても愛おしく思えます。
仲間意識でしょうかね。はっはっは。

投稿: ぽくぽく | 2006年6月24日 (土) 09時53分

こんにちわ(*^^*)
今日、くすのき動物病院で黒色仔猫のココちゃんを
先生に診てもらいました。
車椅子のapple。(嫁)と娘のあすかと共に、初めて
お伺いしたパパのHiroです。

HPやBlogもあると聞き、早速ご訪問させて頂きました。
とても動物・病院・先生の事がよく分かるページです。
今日実際に病院を訪れて、スタッフの人柄の良さや整った
設備で良い印象でした。
我が家のココちゃんを、どうぞ宜しくお願いします。

私も我が家のホームページを持っていますが、この4月に
病気をして放置状態。
猫の事が知りたくて、最近はBlogを日記代りに始めました。
良かったら遊びに来てください。
来られなくても、時々先生のHP&Blogを覗くからね。(笑)
これからも動物のために、元気いっぱい頑張ってください。

投稿: Hiro | 2006年7月 1日 (土) 15時43分

ぼくぼくさん、Hiroさんお返事ありがとうございます。
雑種。大好きです。

投稿: 縄田龍生 | 2006年7月 8日 (土) 18時34分

はじめまして。

 ドックパーク崩壊をネットで調べているうち、こちらへお邪魔いたしました。

 縄田先生のプロフィールを拝見し、
「獣医師の友人が~」に釘付けeye
ドックパーク調査をそっちのけで、見入っていまいました。

 なかでも興味を覚えたのがこの、「生い立ち」です。

 人が動物を好きになる・苦手になるのは何がきっかけなんだろう。またそれは、どの時期(年齢)に決まりやすいものなんだろうという、素朴な疑問。


 
 あることがきっかけで、獣医師さんになるにはと調べたら、下手な医学部(人間)より難しい獣医学部。
国立となるとまさに!でしょうね。

 私も獣医師に憧れた時期がありました。勿論、頭脳も気質もないです。もしその頭脳があれば、きっと私は動物好きといいつつも、医学部を選ぶタイプだろう。
 なので、動物病院の先生は特に尊敬するところがあります。
 
 その「生い立ち」の続きを切望しますo(*^▽^*)o
その素朴な疑問への導きをお願いします。

 追伸:猫の年齢計算機、いいですねcat
    私もマネしてみましたclover

投稿: 月猫楽道 | 2012年6月 3日 (日) 00時58分

月猫楽道さま

読んで頂いてありがとうございます。
筆不精な性格で、ブログ自体なかなか更新できていませんが、生い立ちの続きも更新していきたいと思います。

投稿: 縄田龍生 | 2012年6月 3日 (日) 19時50分

縄田先生 殿

ありがとうございますlovely
お忙しいとは存じますが、楽しみに
待っております。

 

投稿: 月猫楽道 | 2012年6月 4日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27920/2278113

この記事へのトラックバック一覧です: 院長の生い立ち(3):

« 駐車監視員 | トップページ | 熱血獣医 »