« 奇形 | トップページ | 8月6日 »

2006年7月20日 (木)

医療保険

国民健康保険費を払えず保険証がなく、病院へ行くのをためらっている人が増えている事が先日ニュース番組で報道されていました。国民健康保険に加入すべき人の2割が滞納しているそうです。番組では、弱者に対する国の姿勢を少し批判的に報じていました。

日本では国民皆保険制度によってかなりの高額な医療費が免除され、ほとんどの人が一定水準以上の医療を受けることが出来ます。私も、アメリカに行くまではあまり意識していませんでしたが、すばらしい制度だと思います。

私の親戚の一人(祖母の弟。アメリカ在住)が、数年前心臓病でペースメーカーを埋め込む手術を日本とアメリカでしました。日本では被爆者手帳を持っているため無料。アメリカでは1000万円近くかかったそうです(もちろん民間の保険に加入していたので実費はそれなりで済んだと思いますが)。被爆者手帳を持っていなくても国民健康保険があれば高額医療制度によりかなり安く手術を受けることが出来ると思います。以前も何かで書きましたが、アメリカでは救急車を使うと数万円かかります。

話は戻りますが、番組で言われたように保険料が払えない人が、保険証をもらえないと言うのは本当に弱者切捨てでしょうか?国がお金を出せばよいと考えがちですが、国というのは私たち自身で、国のお金は私たちの税金です。総医療費の実に25%は国の補助金(私たちの税金)からなっています。つまり、毎月の国民健康保険料に加え、各種の税金という形でそれに近いお金を払っているのです。地域によって異なりますが、国民健康保険の上限額は約53万円(一家族年間)。10年病院に行かなければ530万円が他の人の医療費に使われる事になります。もちろん自分が病気をしたときは健康な人が払っているお金で助けてもらうのです。助け合ってこそ成り立つ保険ですので、助けてもらうばかりと言うのはどうかと思います。そんな人こそ、他人ではなく家族や親戚が助けるべきだと思います。

私たち動物病院で毎日のように言われる言葉があります。

『動物病院は保険がきかへんからねえ』

国民健康保険が国の制度である為か、医療費の一部が税金という形であるために、払っているという意識が少ないせいか、人の医療は安く、動物医療は高いと感じていらっしゃるみたいです。おそらく、7割は国(他人)が払ってくれていると感じている場合が多いのでしょう。

最近では、月々2~4千円位で、5~7割の負担をしてくれる民間保険(共済)が各社から出ています(当院ホームページ参考)。人のような高度・高額医療はありませんが人の保険料(+税金)と比べてもそれほど割高感はないんじゃないかと思います。

『動物病院は保険がきかない』のではなく、月々数千円をしぶって保険に加入していないから当然保険はおりないのです。全ての人が払った以上の金額をまかなえることは当然あり得ません。保険会社がつぶれます。保険を考える時に、『払った分だけ取り返さないと損』なんていう事を考えている方は、是非その考えを改めてください。

|

« 奇形 | トップページ | 8月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27920/2736459

この記事へのトラックバック一覧です: 医療保険:

« 奇形 | トップページ | 8月6日 »