« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月27日 (水)

ひろしまドッグパーク

ひろしまdogぱーく』の閉鎖に伴い、数百頭の犬達がいわゆるネグレクト(飼育放棄)という虐待を受けているのが、大阪市の保護団体ARK-ANGELSさん達により発見されました。いろんなブログでも取り上げられています。

数日前に4頭、本日8頭が当院にて検査されましたが、極度の栄養失調、重度~中等度の貧血や疥癬症、耳ダニ、ジアルジア、フィラリア症・・・・と悲惨な状況です。

また当院でも1頭ですが一時保護をさせてもらっています。(ラブラドール13kg)

写真を見てもらえれば分かると思いますが、ひどい痩せ方です。管理者は何故こうなるまで保護団体や行政に助けを求めなかったのでしょうか?この状態で放って置けるという心境は想像できません。

皆さんの中で何らかの協力が出来る方は、是非ARK-ANGELSさんまでご連絡下さい。

治療するにしても少数の獣医師では限界があります。

獣医師会!! 

こんな時こそ組織の力を見せてくれ!!!!

1

≪追加≫

先日広島ホームテレビでニュースが流れました。その中で獣医師は、『飢餓の状態ではないが、かなり痩せている。劣悪でひどいとは判断しないが、普通より栄養状態は悪い』とコメントしています。

私も各ブログやArk Angelsさんのホームページなどで見ているだけですが、どう見ても劣悪です。飢餓の状態です。何頭もの犬が餓死しています。

この獣医師のコメントが、のちのち管理者側に有利な発言として取られることだけは無い様に願います。あのニュースだけでは本当の状態が見えないのではないかと危惧します。

他のテレビ局のニュースはこちらのブログから。

TBSニュース「tbsdogpark.asx」をダウンロード

3

2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

クロコダイルハンター

ご存知の方も多いと思いますが、クロコダイルハンターとして数多くのテレビ等で活躍していたスティーブ・アーウィン氏が9月3日に亡くなりました。

Photo_5

アカエイに刺されたのが原因だったそうですが、アカエイタンパク質毒(詳しくは分かっていないそうです)があり、結構強い毒だそうです。

通常は刺されても死に至ることはないため、稀な死亡事故だったそうです。

フグ毒(テトラドトキシン)をもったフグ。シガテラ毒をもったドクウツボ。など毒をもった魚は多くいるようですが、ほとんどが食物連鎖による生物濃縮です。

先日『アンビリバボー』という番組で、映画『鳥』の元となった海鳥の異常行動や変死の原因を追跡していました。

90年代にカリフォルニアでアザラシや、海鳥、蟹を食べた人などが次々に死んでいったそうですが、これらの原因もハナヤナギという海草が作り出す毒(ドウモイ酸)が生物濃縮によって生態系の上位の生物を襲ったそうです。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

SOS 探しています!!

ワンちゃんとネコちゃんが迷子になりました。

何か少しでも手がかりのある方は当院(06-6338-1138)までご連絡下さい。

ともちゃん(雑種) 解決!!

雄猫(去勢手術済み)1才4カ月齢、体重5~6kg

首輪(青い花柄、青い鈴、黄色いタグ)が着いています。

9月4日藤が丘町(新からま池)付近でいなくなりました。

Photo_2

 9月8日に戻ってきました!!

 ご協力ありがとうございました。                                

                                                                                                                        

                                                

小太郎ちゃん(柴犬) 解決!!

雄、9月6日、原町でいなくなりました。

緑の首輪をしており、内側に電話番号が書いてあります。

_edited

 9月9日に帰ってきました!!

 ご協力ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里親募集

4才と2才の雑種犬の里親を募集します。

2匹とも避妊手術済みの雌(約10kg)で、ワクチン、フィラリア予防済みです。

保健所に連れて行かれる前に保護されたそうです。

興味のある方は当院(06-6338-1138)までご連絡下さい。

Photo_1 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »