« ひろしまドッグパーク⑤ | トップページ | 里親募集 »

2007年1月10日 (水)

ペット保険(共済)

現在、ペット医療に対する保険(共済)は多くの会社から提供されています。当院のホームページでも数社の違いを比べていますが、各社それぞれの利点があります。

さて、私も恥ずかしながら最近知ったのですが、昨年の4月1日から保険関連の法改正があり、ペット共済事業は①保険会社もしくは②少額短期保険会社のどちらかに変更しなければならなくなりました。

変更までには2年間の猶予期間があり、2008年3月までは現在の形態での業務が出来る事となっています。つまり、保険業務を続けるには2008年3月末までに『保険会社』か『少額短期保険会社』になる必要があります。どちらにもなれなければ廃業もしくは違法営業という事です。すでに少額短期保険会社になっている所もあるみたいです。また、現在保険会社はアリアンツ・ペット保険のみです。

両者の違いは、資本金や保険金総額、保険期間、免許制と登録制の違いなどです。また、少額短期保険会社が経営破たんした場合は保険会社のようなセーフティーネットはありません(ただし保険契約者保護の観点から一定の金銭の供託を義務付けているそうです)。

当院でもパンフレットをお渡ししている犬友クラブでは、現在のところどちらの経営形態を取っていくかまだ未定みたいです(と言っても、条件的にはほとんどの共済は少額短期保険会社となるか廃業となるでしょう)。

保険に加入している皆さん方も今後の動向に注意し、違法営業となるような所でないかどうかを確認していく事をお勧めします。

保険加入を考えておられる方は以上のことをふまえてどの会社にするか決めてください。

保険料が高くなる可能性も大です。

P.S. このみちゃんは1月5日に無事避妊手術を終え、元気にしています。あと数日で抜糸できると思います。

|

« ひろしまドッグパーク⑤ | トップページ | 里親募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27920/4876302

この記事へのトラックバック一覧です: ペット保険(共済):

» 犬と猫の現実 [犬の里親募集の極意【犬の里親募集方法】]
犬と猫の現実をご存知ですか?現在日本では、年間に何万匹もの犬や猫が殺されています。ペットショップで犬や猫をご覧になる前に、まず殺されていく犬や猫の里親になるという選択肢もあります。また、捨て犬や捨て猫を保護した場合や、飼っていた犬や猫を飼えな...... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 20時47分

« ひろしまドッグパーク⑤ | トップページ | 里親募集 »