« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

犬ブルセラ症感染犬救助⑨

大阪府は今朝早く、陽性犬達の殺処分を秘密裏に行ったそうです。

獣医師会は協力したのでしょうか?

ゴールデンウィーク中のあの子達の世話をしたくない為でしょうか?

全国の方々からの非難の声を避ける為でしょうか?

今後の大阪府の動物への対応方針はまだ示されていません。

成犬譲渡を始めていますが、全ての犬に犬ブルセラの抗体価、PCR、血液培養をして、万に一つでも譲渡先の人に健康被害が無いようにしているのでしょうか?

譲渡犬の便検査、駆虫薬投与、ワクチン接種等々行っていくのでしょうか??

もししないのであれば、しなくて良いというのであれば、今回殺された犬達への行いは、『みだりに殺した』と言っても過言では無いと思います。

自分達の保身のみを考え、動物愛護精神の無い行政が形を取り繕う動物愛護を行うと、こうなるのです。

動物保護活動は本当に大変です。

お金も時間も人手もかかります。

アメリカでも、行政は大きなボランティア団体のほか、地元で小さいながら活動をしている団体とも協力し、成り立っています。

民の力を軽視した今の大阪府には、二度と間違った動物愛護活動に関わって欲しくありません。

やはり、アークエンジェルズさんのような民間の力で行うしかないのが今の日本の現状でしょうか?

長期連休前のコソコソとした行動に非常に憤りを感じます!

獣医師会も協力しているのなら、責任は同等にありますので、『犬ブルセラ症=殺処分』という必要性を声明し、今一般家庭で飼われている犬ブルセラ症感染犬達にどう対応すべきなのか発表してもらいたいと思います。

以下はNHKの発表です。

大阪・和泉市の犬の繁殖業者が飼っていた犬が「ブルセラ病」という感染症にかかっていた問題で、大阪府は「人に感染する可能性がある」としてけさから119匹を安楽死させる処分を始めました。

この問題は、和泉市の犬の繁殖販売業者が飼っていた約260匹の犬のうち119匹が、非衛生な管理から、流産などを引き起こすブルセラ病という感染症にかかっていたものです。
犬は、動物愛護団体が譲り受けた後、大阪府が引き取って専門家らと協議していましたが「治療しても再発の可能性があり、人にも感染のおそれがある」という理由で今年2月感染した犬の処分を決めていました。
これを受けてけさ5時前から和泉市内の飼育場所で、感染した119匹を睡眠薬や麻酔で安楽死させる処分を始めました。
またすでに死亡した犬を除く113匹は、感染していない陰性と見られ、府は今後引き取り先を探すことにしています。
これまで動物愛護団体は「十分な検討をしないままの早すぎる処分決定は納得できない」と反発していましたが、きょうの処分について、大阪府は「専門家の意見を踏まえて苦渋の決断をした」と話しています。

陽性犬たちへ、

助けてあげられなくてごめんなさい。安らかにお眠り下さい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

メディアリテラシー

関西ではおなじみの、たかじんさんの番組「そこまで言って委員会」の中で、ほんの少しメディアリテラシーの事が触れられました。

メディアリテラシーと言う言葉はあまりなじみの無い言葉でしたが、あるある大辞典の捏造問題以後ちょくちょく耳にするようになりました。

メディアリテラシーとは簡単に言うと、『メディアの伝える情報を鵜呑みにせず、視聴者・読者自身が情報を評価し識別する能力』です。

そこまで言って委員会の中で、橋下弁護士が言われていた言葉に思わずうなずくものがありました。正確ではないですが、おおむね以下のような事です。

橋下弁護士『僕も芸能界で仕事をするまでは、勝谷さんの言葉なんかはまるっきり信じていましたが、実際こうして仕事をしてみると、勝谷さんの言うことがいかにいい加減なものかが分かりました。』

何が言いたいかと言うと、そうです、ムーブの放送です。

ひろしまドッグぱーくの時も散々でしたが、先日の犬ブルセラ症感染犬の放送もアークエンジェルズをいかに悪者にするかという放送で、犬ブルセラ症に関しては薄っぺらい情報のみを出して、滋賀県の住民を不安にさせるようなひどい物でした。

あるある大辞典は娯楽の要素が強いですが、ムーブはまがりなりにも報道色の強い情報番組です。私から見れば、あるあるよりひどいと感じてしまいます。

番組の中で紹介された大学助教授の言葉も、犬ブルセラ症感染犬を殺処分する理由はありませんでした。このブログを見ている方なら皆常識として知っている情報のみです。

コメンテーターも司会者も無知で、家畜の糞尿と混同するような発言をする人もいました。

犬達の糞尿で作物に影響が出て、地元の方々の生活に支障をきたす????

こんな嘘を正確な情報で否定せず堂々と放送するこのプロデューサーは、ムーブの影響や視聴率の事を考え、頭がどうかしたんだろうかとさえ思います。特に関西ではムーブの反響は大きいので、自分が偉くなったとでも思っているのでしょうか?

ひろしまドッグぱーくの時にも私の名前やアークエンジェルズさんとの関係を全て書いて、質問をメールしたにもかかわらず、紹介されたのはほとんど批判メールのみでした。私のメールは無視です。結構関わっていた方だと思うのですが・・・。

おそらく今回の件を調査しているムーブのスタッフは、私のこのブログも見ていることでしょう。(見て無ければ本当に無能としか言いようがありません。)

ムーブのスタッフ方! 

視聴率を上げたいのは分かるが、いい加減自分達の利益の為の“虐め”はやめて下さい。テレビの影響がいかに大きく、あなた方がやっている事がいかに愚かで、傲慢な事か考えてください。言論の自由を強く主張する前に、何故政府が口を出そうとしているのか自分自身をもう一度見つめてください。報道に規制をかけざるを得ないという意見が出るのは、報道者自身の責任である事をよく考えてください。

| | コメント (33) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

このみちゃんのその後

和泉の犬ブルセラの件があり、ご報告が遅れていましたが、

ひろしまドッグぱーく出身のこのみちゃんに新しい家族ができました!

里親様は本当にすばらしい方で、当院スタッフも皆喜んでいます。

新しい名前は“コロちゃんです。

先住犬さくらちゃんと仲良くしているそうです。

大阪府は、里親はいい加減だから信用できないと言っていますが、私がお会いした里親様方にそのような方は一人もいらっしゃいません。

Nanako2 Nanako

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

犬ブルセラ症感染犬救助⑧

大阪府関係職員様

現在施設内で活動されているボランティア様

大阪府獣医師会の依頼で往診されている獣医師の先生方

投薬を終えた陰性犬たちの健康状態はどうでしょうか?

私が診察し、残念ながら亡くなってしまったコッカースパニエル(39番、通称ビスコちゃん)の状態はとてもひどいものでした。そして今までに数十頭もの犬達が同様に亡くなっています。入院治療しても助けられない子達がほとんどだったかもしれません。

現在、2度目の抗体価測定により陰性だと確認された犬達全てが、健康上問題が無いという事はありえないと思います。実際、獣医師の方が現地で治療をされているようです。

先ほど大阪府動物愛護畜産課動物愛護グループに電話で、治療が必要な犬1頭の入院治療を申し出ました(もちろん無償です)。

電話で対応して頂いた方より、現在大阪府獣医師会の獣医師による往診治療で十分であるので今のところ私の無償治療は必要ないという回答を頂きました。

本当だとすると今までバタバタと亡くなっていたのが嘘のような改善ぶりです。

実際中に入って治療している先生! 是非連絡下さい。

あの環境で、往診治療で本当に十分ですか?

亡くなったコッカーの血中アルブミン値は1.5g/dlでした。

この子も皮下点滴をされていたそうですが、こんな状態の犬に皮下点滴で十分なはずがありません。

大阪府救援本部の方々、

寄付金を募っているのなら、無償治療を断る理由は何ですか?

今までの治療も無償で治療してもらっているから(病院からの申し出ではなく、大阪府からの要求(申し出)で)、十分な治療が出来ていないのではないでしょうか?

ひろしまドッグぱーくの時でも、愛護団体から無償治療をお願いされた事はありませんし、団体も治療費がかかるのは救助に入る時に当然頭にあることです。

また、無償治療された獣医師もいました。そして、無償治療だから手を抜いたり、絶対必要な治療をお金がかかると言う理由でしないという事もありません。

今までの対応を見ていると、

①大阪府が獣医師会に無償治療を要求(お願い?)。無償でのお願いなので、お金のかかる治療は要求しにくい。

②獣医師会は救援本部に入って、募金を募っている立場なのでそれに応じる。

③獣医師会から、近隣の先生に無償治療するよう要請が出る。

④自らボランティアを名乗りでた訳ではないし、頭数が多いので、無償治療には往診治療が精一杯。(施設から出さないように大阪府から通達がある?)したがって十分とはいえない治療だが、色々なしばりがあるので、出来るだけの治療をしている。という見解になる。

という風になっていると思うのですが、間違っているでしょうか?

広島だけでなく、大阪にも無償で治療してあげたいと言う獣医師はたくさんいると思います。陰性犬についてはもう施設から出してもいいんじゃないですか?

獣医師会以外の獣医師にもボランティアを募ってください。獣医師会の病院も大阪府下に何百とあります。一病院一頭くらい何とかなるはずです。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »