« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月10日 (日)

譲渡が始まります

6/15(金)~6/22(金)という常識破りな短い申し込み期間ですが、和泉の飼育放棄犬たちの譲渡が始まります。

今犬を飼おうと考えている方、今まで苦しめられたあの子達の里親になる事も是非考えてみてもらえませんか?私は一度しか会っていませんが、ほとんどの子達が人なつっこい子達です。

犬の保護活動に関しては素人同然の私ですが、111頭もの犬達のきちんとした里親様を探すのに募集期間1週間はあまりにも短すぎます。

『動物愛護の専門集団』という事で救援本部に入っている日本動物福祉協会などが関わって出来た募集要項とは思えません。今まで何ヶ月もかけてきて、1週間で決まらなければあとは協力している獣医師頼み???(譲渡に関する要領第4条)

今一時預かりしている獣医師が飼えなければ、苦渋の選択として各病院で殺処分してくれとでも言うんでしょうか?

新たな大阪府の説明にまた矛盾が出ていることに多くの方は気付いていると思います。

『犬の譲渡を希望する皆様へ』のページでは

犬たちが過去にブルセラ菌に全く感染していないとは言い切れません。万が一、譲渡される犬の体の中にブルセラ菌が潜んでいた場合、菌が再び活動を開始し、犬がブルセラ病を発症するという可能性もあります。そのことを十分ご理解の上、犬を引き受けてくださるようお願いします。

とあります。

あれだけ、少しでも可能性がある犬は殺処分だと言って聞かなかったのにこれはどういう事でしょう?自分達の責任逃れの為の一文としか思えません。

次回の検査で陽性が出たら殺して、その次の里親の元で陽性が出たら治療で大丈夫という科学的根拠が全くありません。

獣医師会の先生方への一時預かりが始まった直後、大阪府へ私も一時預かりできるかどうかと、3回目以降に初めて陽性と出た犬達の結果に対する科学的な説明を求めましたが、全く音沙汰ありません。

さらに次のような記述もあります。

今回譲渡する犬の中には、フィラリア、ミミダニなどの寄生虫症の他、感染症、奇形や腫瘍などの様々な疾病を持つものもいますが、譲渡後は十分なケアをお願いします。

個々の情報が未だに無いまま、希望犬種のみで決めていく譲渡なんて各民間保護団体の譲渡会と比べると全く不十分です。

譲渡対象者の基準チェック表の一番目には、『大阪府が指定する日時・場所に自ら犬を引き取りにくることが出来る』とありますが、いつなのか?ある程度の期間の余裕はあるのか?など分からない事だらけです。私の場合、日曜の午後と火曜日以外は絶対に無理ですので、譲渡対象外になるのでしょうか?

いずれにしても、あの子達全てに新しい家族が見つかるように願っています。

感情を煽りたいわけではありませんが、是非皆さんも見てください。

奇跡の母子犬

| | コメント (32) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »