« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月 7日 (日)

難治性角膜びらん

2月中旬より当院のちくわちゃんは左眼の角膜を傷付け現在まで治療を続けています。

Photo_4

角膜潰瘍には5段階の分類があり、グレード1グレード3では点眼薬による内科治療で1週間もすればかなり良くなります。

グレード4は進行性の角膜潰瘍またはデスメ膜瘤と呼ばれ、通常角膜縫合などの外科治療が必要となります。

グレード5になると角膜穿孔と呼ばれ緊急の手術が必要です。

そしてグレード2難治性角膜びらんと呼ばれるもので、点眼薬の治療のみでは治癒せず、外科治療が必要になります。

難治性角膜びらんは角膜上皮基底膜の疾患であり、角膜上皮が角膜実質に接着せずペラペラと剥がれてくるものです。  

         

                                            

_r_3 ちくわちゃんは難治性角膜びらんを発症し、   

     

       

Photo_8

2月25日に手術(格子状角膜切開術)を行い、   

        

        

Photo_9

角膜保護と痛みの緩和の為コンタクトレンズを装着しました。

コンタクトレンズは約1週間で脱落しましたが(角膜表面が治癒過程で粗くなったため)、痛みはなくなり、現在は点眼薬のみの治療を行っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »