« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月24日 (火)

ゴールデンウィークの診療

5月3~5日の3日間は特別に休診とします。

それ以外の祝日や日曜日はいつも通り午前診です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫カフェ

久しぶりのブログ更新です。

環境省では動愛法の省令改正により、今年6月1日より施行される
夜8時以降の犬猫の夜間展示禁止に伴い、いわゆる「猫カフェ」を例外として
経過措置規定を置くことを検討しています。

この事に対するパブリックコメントを募集しています。

いろいろ意見はあるかと思いますが、私の考えを示したいと思います。

まずは何のための法律かを考える必要があるとおもいます。

「動物愛護」が目的であるのなら、ペットショップであろうが、
いわゆる猫カフェであろうが規制対象にするべきです。

「ペットショップ」は悪環境、「猫カフェ」は良環境との思いこみこそが、
混乱の原因になっていると思います。

「猫カフェ」業界からは、ストレスフリーであるとか休憩を入れている
との理由で要望が出ているかと思いますが、
そもそも狭い部屋に多数の猫を入れておくこと自体
非常にストレスを感じているはずです。

多頭飼育一般家庭猫に明らかに多いFIPという病気があります。

ストレスなどにより免疫力が低下した猫に発症しやすい感染症ですが、
ケンカをしないような猫たちにも多頭飼育下でより高率に発症します。

飼い主の目には猫たちがストレスを感じているとは映っていません。

1頭の猫に対し6畳の空間が必要と言われていますので、
猫カフェは明らかに過密状態ですし、のんびりしていて
ストレスフリーというのはあくまで人間の主観、思いこみです。

もしかしたら本当にストレスフリーの猫カフェもあるかもしれません。
が、100件の猫カフェのうちストレスフリー状態を維持できるのは
一体何件になるでしょうか?

多頭飼育にまして、猫カフェでは知らない人間が次から次へと侵入してくる
というストレスが加わります。

さらに加えると、ペットショップではおそらく悪環境にさらされるとしても
最大数ヶ月間でしょう。

猫カフェではそれが何年、十数年と続きます。

動物を犠牲にした人間の為の「動物園」として猫カフェは存在します。
猫にとってのメリットはゼロと言っても過言ではありません。

それを是とするか非とするかは日本国民の意識の問題ですが、
ペットショップよりも猫カフェの方が
「良環境を持った法的に考慮されるべき施設」
というのは全く間違った認識かと考えます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

写真コンテスト

Contest_banner_l

奮ってご応募ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »