2011年5月 9日 (月)

伝聞・うわさという名の悪魔

まず、玉木雄一郎議員のツイッターより

『民間の団体を自由に入れられないのは、残念ながら、愛護団体を名乗りながら、動物を捕獲し売却するような団体が現に存在しているためです。こうした団体を排除し動物を守るためにも、もどかしいと感じられるかもしれませんが、県の仕切りの下で救援活動を行わざるを得ないのです。』

この文を読んでどう思いますか?

ひどい団体もあるもんだ。と思いますか?

NPO法人エンジェルズさんに協力を始めたひろしまドッグぱーく崩壊から4年半。

当時もエンジェルズに対し子犬売買疑惑が生まれ、コラムニストの勝谷さんは大阪の番組内で『子犬売買疑惑がある。』『自分の情報筋からその事実を掴んでいる』と息巻いていた。

現地の状況を知るものであれば、子犬を売るような状況ではなかった事も、そのような団体で無い事も明白だったが、無責任なネット住民を中心にデマが広まった。

現在、福島原発付近の犬や猫を保護し、その子たちを売るという団体が果たして本当にあるのかどうかまず疑問に思った。

わざわざ危険を冒してまで現地へ行き雑種犬メインで、フィラリア症罹患犬が数多くいる犬を捕獲し売るなどしなくても、全国の動物管理センターには若い純血種が数え切れないほどいる。

そんなに売れるなら全国の愛護団体はこんなに苦労していない。

実際に活動している人にとってはこんな事当たり前だ。

ネットで調べてもうわさ以上の情報は見つからない。

次に、橋下大阪府知事のツイッターより

『河野氏は一体誰からそのような話を聞いたのか。そんな話をしている本人に僕は反対尋問をする権利がある。河野氏は答えられません。河野氏は単なるうわさ話をテレビで公然と話したわけなんです。僕が依頼者の確認も取らずに書面を裁判所に出したという噂話を。普通だと、完全に名誉棄損、業務妨害。』

テレビの中で誰かから聞いた噂話をさも事実であるかのように発言する。

テレビ局もそれが事実であるかどうか調べもせず放送する。

今回の動物を捕獲し売却するような団体が現に存在しているという情報もまさに同じような事ではないか?

何という団体が誰にどの犬を売ったのか?

全く情報が無い。

民間団体の立ち入りを拒否する理由として『うわさ』を利用しているとしか思えない。

霞が関や福島県がこれを理由にしているとしたら何と頭の悪い理由付けだろう。

犬猫などどうでもいいと思っているからこのような詭弁が成り立つと考えている。

これが日本の現実かと思うと本当に情けなく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

南相馬の猫おばさん(吉田さん)の叫び!

南相馬の猫おばさん(吉田さん)の叫び!(YOU TUBE)

本当に今の政治は何をやっているんだ??

日本では動物はまだ『物』扱いか?

おばちゃんの立場にもし自分がなったら?

今の自分なら逮捕されてでも間違いなく侵入する。

今より20歳年取っていれば、体力的にできないかもしれない。

精神的なダメージは計り知れない。

自分の家族を、法律が理由で餓死させることをこの国は平気でするのか?

問題は放射能ではない。安全性に問題はない。

5/4文科省発表の双葉郡の放射線量は1.7μSv/h

年間に計算しても14.9ミリシーベルト。

1ヶ月前の4/5は2.5μSv/h。

放射線量は下がり続けている。

住民の安全を考えてではない。

管理を楽にする為だけの警戒区域指定。

そのため家族が殺される。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

一般市民感覚を・・・

犬鑑札の形状が自由化され、東京の自治体を皮切りに、各地方自治体ではどんどん変わっていっています。

先日大阪市の鑑札と住票を見たときには、かわいらしくていいなあと思いましたが、さらに私の飼い主心を掴んだのが摂津市でした。

吹田市の従来のものと大きさもまったく違います。

吹田市の職員にそれを見せ、吹田市では変更する予定はないのか聞くとあまり興味なさげに「無い」とはっきり仰りました。

こう言っては失礼ですが、吹田市より財政が圧迫している摂津市でもできたんです。

吹田市の担当者!

摂津と同じ業者に頼んだら版代もかからず安くできますよ!!

集合注射など無責任な注射方法はやめて、浮いた費用をこっちに回して~。

(集合注射は簡単に行っているから、少し調子が悪くても大丈夫なんですよね。と言われた飼い主の方がいらっしゃいました。このように勘違いされる方もいらっしゃるんだなと改めて集合注射のデメリットを感じました)

001 左が摂津市のもの。

右が吹田市のもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

ちびこ、ありがとう

本日AM3:00頃、ちびこちゃんは永眠しました。

ここ最近顔を近づけるとパクッと咬みにきていたちびこでしたが、昨晩は2度、2度目は亡くなる約5分前にペロペロと舐めてくれました。

心配してくださった皆様、ありがとうございました。

ちびこ、よく頑張ったね。

ちびこ、今までたくさんの愛をくれてありがとう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

ちびこ

当院には「ちびこ」という名の雑種犬がいます。

私が勤務していた動物病院に、私が働き始める約5年前(1993.10.12)に交通事故で運び込まれた野良犬でした。

当時のカルテを見てみると体重は今とほぼ同じ7.6㎏の成犬です。来院時には鼻と口、膀胱からの出血があり、骨盤骨折もありました。

ちびこを連れて来られた方はその後病院に現れず、病院で飼われることになりました。

1994年6月23日には、左の腎臓を水腎症のため摘出しています。

その後、大きな病気もなく、時には輸血の必要な犬を助けるため献血を行うこともありました。

Chibiko_r Chibiko_sit_stay Chibiko_down_stay 2000年頃のちびこです。

近くの公園で訓練をしているところです。

「おすわり&待て」や「伏せ&待て」は5分以上でき、号令と共に私の左側についてお座りをします。お昼の休み時間に週数回の訓練を始めて1ヶ月もすればこのくらいできるとても頭のいい子でした。

人や犬に対し吠えることはありません。

大きな犬に噛まれた時もキャンと鳴いただけで、反撃しません。

何をしても怒らないとてもおとなしい子でした。

私が当院を開院する時、ちびこも一緒に来ました。

当院へ来院されたことのある方は診察室の奥でうろうろしたり、診察室内をじーっと覗いたりする姿を見たことがあるかもしれません。

約7年前から心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)を患い投薬を続けていますが、特に症状(咳など)は出ていません。

2003年のクリスマス前には急性膵炎の為、生死をさまよいましたが、無事復活しました。私が二日酔い以外で初めて食欲が無くなった2週間でした。

あれだけ何をしても怒らなかったちびこが、1年以上前から触られることを嫌がり始め、顔の前に手を出すと、パクっと噛みついてくるようにもなりました。

そして1週間前、初めての発作が起きました。毎年2回以上の血液検査をしていますが発作前最後に行った今年1月の検査まで何の異常もありません。

ここ1年の経過もみると脳内に何か問題がありそうです。

MRIではっきりするのでしょうが、今の状態、年齢などを考慮すると全身麻酔を行ってMRIを撮影するメリットはほとんどありません。

この1週間で日々歩行も困難になってきています。薬で発作を抑えても完全には抑えきれません。

ちびこ、

ずっとそばにおるから、今日も安心してゆっくり寝ときや。

Chibiko 今日のちびこ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

事業仕分け

各業界で波乱を呼んでいる事業仕分けの結果。

スパコンの問題や漢方薬の問題がマスコミによってあまりに間違った伝えられ方をされ、それに乗せられて発言しているノーベル賞受賞者たちを見ていると、なぜ大きな影響力のある発言の前に事業仕分けの意図を精査できないのかと不思議に思う。

すべての事業に利点があることは言うまでもない。しかし、収入以上の借金をしてまで続けることの異常さを、仕分けされた当事者達は発言しない。

『歴史という法廷に立つ覚悟があるのか』と批判するのならせめて、『スパコン計画は○○という理由から、今のままの体制で進めて行くべきで、かわりに○○の事業を大きく切るべきだ』と言わなければならない。

湿布薬やうがい薬、葛根湯などの一部の漢方薬など薬局で買える薬に対して保険料や税金を当てろと主張するならば、何を削って医療費を増やすのか、もしくは保健の負担割合を増やすのか言わなければならない。

獣医関係でも一つの事業が仕分けされました(事業番号3-44-(2))。

産業動物(牛や豚など)獣医師を確保するための事業です。

私のような小動物臨床獣医師を希望する学生が増えていることから、産業動物獣医師の確保が必要な時代である事には間違いないと思います。

この事業は国と雇用主が一人当たり月5~6万円ずつ給付するというものです。

はたしてこの事業の目的どおり、この事業があるから産業動物に従事しようと決める学生はどのくらいいるでしょうか?

私の友人は学生の頃、島根県から同等の給付を受け、現在島根県職員として産業動物獣医師として従事しています。3年生ぐらいから給付を受けていたんじゃないかと思いますが、彼は島根県出身で、給付があってもなくても島根県職員を希望していました。現在同等の事業は鹿児島県と長崎県で行われているらしい。

おそらく給付を受けているほとんどは産業動物獣医師になる事を元から希望している学生たちであると思います。であるならば、税金(借金)を投入してまでしなければならない事か疑問です。

ちなみに各都道府県が行っている給付は、学生を地元にとどまらせる効果としては大きくあると思います。

皆さんは事業仕分けをどのように見ましたか?

Img011 学生の時の大学牛舎での作業風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

東国原知事を非難する人たち

政治に強く興味があるわけでもないのですが、ブログも更新しないままでいましたので、身近な話題から思う事を書いてみます。

ご存知のように、ここ最近は総選挙を控え様々な動きや報道が毎日あります。その中でもマスコミがよく取り上げているのが、東国原知事と橋下知事の動きでしょう。

東国原知事は「日本の未来のために必要な日本の構造改革のため、地方分権推進に政治生命を賭ける」と多くのマスコミで語っています。

おそらくこの地方分権の必要性は東国原知事に限らず、多くの知識人たちがテレビ等で言っていることであり、地方分権が必要であることは間違いないことでしょう。

古賀(自民党)選対委員長が選挙対策として、多くの国民がもううんざりであると感じている有名人擁立の一環で、東国原知事に自民党からの出馬を要請しました。

そこで知事は出馬の条件として、

知事会の地方分権に関する要請をマニフェストに入れること

②自民党総裁として立候補できる制度を整えること

を提示しました。

マスコミや、そのコメンテーターの評価は、ほとんどが知事に対して批判的なものです。

「知事の任期を少なくとも1期務めるべきだ」

「当選しても1年生議員が総理になど話にならない」

「自民党がなめられている。身の程を知らない」

「総理には地方分権以外の防衛や経済なども重要なものがたくさんある。」

「国政に出て、東京に戻りたいだけだろう」

などなど・・・。

なぜこうもコメンテーター陣はそろいもそろって批判的なのだろう?

東国原知事や橋下知事は地方の首長の限界を身をもって感じていると答えています。

そのため、地方分権推進には国会議員や世論の力がどうしても必要なのです。

地方分権ができるのは民主党か自民党です。どちらかです。

単に国会議員になりたくて、地方分権を進めたいのなら民主党から出馬すればいいのです(民主党の案、とくに300の基礎自治体案には反対の立場のようですが)。

ではなぜそうしないのか?

民主党に断られるからではないと思います。

ここからは私の勝手な推測ですが、

①自民党からのみ誘いがあった(本人が言っています)。

②民主党は放っておいても基本的に地方分権を進める方針。

③自民党は今までずっと政権与党でありながら各族議員たちの存在などで地方分権できないでいる。(小泉元首相ですら三位一体改革を霞が関や族議員の抵抗できっちりできていない)

以上の点から、万が一自民党が次の選挙で勝ってしまったら地方分権なんて出来ないと思ったのではないでしょうか?

古賀議員はいつもの選挙のように浅はかな考えで出馬を打診したのでしょう。それに対し、地方分権が政治家としての目的である知事としては、「選挙の目玉」的なピエロとして使われることに「馬鹿にするな」と思ったはずです。

知事会の提言をマニフェストに入れるという約束だけでは、選挙後簡単に反故にされる可能性をもちろん分かっているはずですので、そうならないように、「責任ある立場」「霞が関に対峙できる立場」を用意できるのか、つまり自民党として地方分権を本気で考えているのかを問うたのだと思います。

自民党がマニフェストに取り入れても、知事が単なる一議員にすぎないのであれば、全く議員になる意味はないのです。それくらい自民党が本気で地方分権するとは、東国原知事は思っていないという事を意味しているのでしょう。

マスコミで非難されていることが私にはさっぱり理解できません。

皆さんはどうお考えになりますか?  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

放浪ダックス

明けましておめでとうございます。

正月にいいものを食べてお腹をこわしたワンちゃんはいないですか?

アメリカではクリスマスのプレゼントとして子犬を贈る事が多く、そのため、年明けになると保護施設に連れてこられる犬が増えるという悲しい話を聞いたことがあります。

当院も本日より2009年の診療開始です。

初めから非常に悲しくもあり、悔しくもある話で申し訳ありませんが、ちょうどクリスマス頃に1頭のダックスフンドが運び込まれました。

連れてこられた方の話では溝に体半分落として横たわっていたとの事。

来院時には、起立不能で、脳神経症状が出ており痙攣も起こしました。

また。体の右側の皮膚は全体の約1/4が剥がれており、肋骨も一部露出していました。交通事故でしょう。

連れてこられた方は飼い主ではなく、費用負担も全く出来ないとのことでしたので、とりあえず飼い主が見つかるまでこちらで治療する事になりました。

当院が開院してから約5年。これまでに近所で保護された放浪ダックスは計4頭にもなります。これまでに保護された子達は幸い里親が見つかり、今では幸せな日々を暮らしていると思います。

しかし、何故こんなにダックスばかり放浪しているんだろう?

全ての子に共通しているのは、酷い繁殖場などで飼われている子達と同じような伸びきった爪や被毛、ウンチで汚れた被毛です。また、全て未不妊です。

近所にダックスのブリーダーがいるらしいという話は聞いたことがありますが、真否は定かではありません。が、一般家庭からの脱走とは到底思えません。

1週間以上たった今、問い合わせは1件もありません。

ダックスも床ずれができ、衰弱してきています。栄養チューブで何とか命を繋いでいるという状態です。飼い主がいれば、安楽死を勧める状態です。

飼い主を非常に腹立たしく思います。

轢いた人にも何故せめてすぐに病院へ連れて来ないのかと憤りを感じます。

アニマルポリスの必要性を強く感じます。

【1月12日追加】

先日このダックスフンドは亡くなりました。

そして一昨日、また放浪ダックスを保護したというお電話を頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月18日 (火)

ソフトバンクテレコム

昨日突然、ライト通信というところから弱々しい女性の声で電話がかかってきた。

一字一句は覚えてないが、何やら電話整備が整ったので申請すると、NTT基本料金が現在の3530円(事務用)から2980円になるというものだ。

少し前まで、マイラインがどうやらで特にKDDIからしつこく電話があったのを思い出し、「何か契約を切り替えるものか?」と尋ねると、「そうではない」と答える。

「NTTからの依頼か?」と聞くと、「全ての電話会社からだ」と答える。

自信なさげな声で説明するが、全く話が通じない。電話で話しても要領を得ない。

当院へ訪問したいと言うので、夕方に来てもらう事にした。

その間にNTTへ問い合わせてみると、「そのようなNTT基本料金が安くなる制度は無い」とはっきり言われ、「怪しいですね」とも言われた。

夕方6時ごろ、株式会社ライト通信、固定回線事業部、通信コンサルタントのMさんという方がこられた。電話の主だった。

当院で話し始めても、「安くなる」としか言わず、なんだか訳の分からない説明をする。

私が、「その事に関する書類を見せてくれ。」と言うと、しぶしぶソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)とNTTの料金比較表を出した。彼女は最後まで一度もソフトバンクテレコムの名を言わなかった。

その表を見て、「結局NTTからソフトバンクテレコムに切り替えるという事ですよね?」と問うと、「そうです」と小さな声で答えた。

「はじめに切り替えるものではないのかと聞いたとき、違うような事を言ってましたよね?」と問いただすと、黙ってしまった。

「私はソフトバンクが嫌いなので、どんなに安くなっても替えませんので。」と言い、帰ってもらった。

もし切り替えたら、色々と使えなくなる事もあるらしいが、その説明は一切無かった。

携帯にしろ、ソフトバンクという会社は本当にとんでもない会社であるとつくづく思った。「海老で鯛を釣る」会社であるが、消費者を騙そうという魂胆がはっきりと分かる。

ライト通信も通信コンサルタントを名乗るなら、各会社のメリット・デメリットを的確に話してもらいたいものだ。

1契約いくらかの歩合制なのだろうが、おどおどしたMさんは営業には向いてないと本人に伝えなかった事だけが心残りであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

朝日放送『ムーブ』②

光武ディレクターは何がしたいのか?

『アークエンジェルズは悪だ』という自分の直感が間違ったことに気付いていても、社内的にももう引き返せないのでしょうか?それとも単に無能なのか?視聴率が取れればそれで誰がどうなろうと構わないのか?

以前の放送でも、元ボランティアという方が電話取材で『疥癬は治っていない』と言っていました。昨日の放送でも理事のAさんのお父さん(佐藤さん)が同様のことを言っていました。

獣医師でもない方が診断をし(それ自体大問題ですが)、それをあたかも事実のように放送する。期成同盟も獣医師を連れてきて検査すればいい。林代表も受け入れると当初から言っている。川村先生もデモに参加する暇があるのなら何故検査しない??是非検査してください(嘘が無いよう私も立ち会いますので)。後で証言が間違いと分かっても、『ムーブは単に証言を放送しただけで自分たちも騙された』などと言い訳をするのでしょう。

現在の保護犬の中には皮膚の状態の悪い子は確かにいます。ただし疥癬ではありません。(以前から言っているように、疥癬だとしても何が悪いのか理解できませんが)

皮膚の状態の悪い子達のほとんどは『毛包虫(別名:アカラス、ニキビダニ、デモデックス)』によるもので、他にもアトピー性皮膚炎の疑いのある子もいます。慢性の疥癬による皮膚炎の影響か、疥癬が治った後も脂漏症のため綺麗な皮膚になっていない子もいます。

こういったことは昨日の放送で取材を受けていたAさんは当然知っているはずです。そして、その父親である電気工事業者(?)佐藤さんの発言に対してどこまで関与しているか分かりませんが、どうやら同居されているみたいですので十分訂正できたはずです。

Aさんについては当院にも『嘘』の情報で何やら反AAへと誘導しようとした経緯がありましたので私も憤りを感じています。

1~2週間前突然彼女から電話があり、『自分の知り合いが、くすのきさんで骨折治療した子にいくら里親希望を出しても音沙汰が無いが、アークエンジェルズからその子に里親希望が来てるという連絡はあるか?』と尋ねられ、そのような連絡は無いことを伝えました。ただ、里親希望者が出たとしても当院にそのことを逐次伝える必要は全くありませんので???でしたが、アークエンジェルズが如何にいい加減かを伝えたかったようです。

後日Aさんから、『里親希望者さんから、「1週間以上も連絡が無いようなそんないい加減なとこからはもういらない」とお怒りの電話を受けた』という電話が再度ありました。

はじめの電話の際同時に、建設業者にもお金を払っていないという事も言われました。もちろんその時その方がご自身の父親だという話も無く、『何で林さんに直接言わないんですか?林さんは何と言ってるんですか?』というような事を聞いても、『一切話に応じてくれない』と言われるだけでした。

私も治療以外の事にあまり口出しする立場ではありませんし、理事という立場の方でしたのでとにかく林さんと話をしてくださいと言い、静観していました。

しかし、一昨日再度当院に電話があり(電話を受けたのは私ではありませんが)、『自分はアークエンジェルズから外されると思う。お世話になりました』というような事を言われました。その日の電話の中でも、工事費未払いの件がすでにマスコミに嗅ぎ付けられているという警告、話に応じてくれないという不満、モルガーという犬が行方不明になっているのを知っているかという事、電波が弱い場所で林統括も電話の声が大きくなり外に聞こえ、まりみ(?)にすべて伝わり今回のレスキューの情報もそこから広まり滋賀の人はみんな知っているという事などを聞きました。

私は意思疎通がうまくいっていないことによる誤解が原因でAさんが不満を感じているのなら、何とかしっかり話をしてもらう事でお互いの誤解が解けるんじゃないかと思い、その日の夜に林さんに連絡を取りました。

その電話で、林さんのブログに書かれているような事を聞きました。ブログには書いてありませんが、材料にしても佐藤さんは林さんに相談も無く、必要以上の高額なものを勝手に仕入れ使用していたそうです。それでもボランティアに来ていただいているという思いから何も言わず材料費を支払っていたそうです。

それでも私は、佐藤さんに関しては『もしかしたら実の娘(Aさん)からうまい事言われて、佐藤さんも林さんもAさんに騙されていたのかな~』と思っていましたが、あの放送の中での彼の発言からその思いはなくなりました。ちなみにAさんは滋賀シェルターには1~2回しか行った事が無いそうです。

『話に応じてくれないという不満』に関してもAさんから林さんに対して話し合いを持つ要望は一切無かったようです。

モルガーも現在滋賀シェルターにいるそうです。

自分自身が洩らし続けた情報を外に漏れた声にすり替えようとしたのでしょうか?

骨折治療した子の里親希望者の件でも、確かにAさんからの紹介でその子に希望を出された方はいらっしゃったみたいです。ただ、連絡が取れないというのは嘘で、何回か電話で連絡しており、他にも希望者が既にいる為待ってもらうように伝えたが聞き入れてもらえなかったと林さんから聞いています。

ひろしまDP原告の会の一部の方(個人名を避けておくよう助言がありましたので変更させていただきました)は、アークエンジェルズとその支援者のつながりを何とか裂こうという計画を立てているという情報(裁判後集まった中でアークエンジェルズとまたたび獣医師団を何とか引き離さないとといった内容だとその場におられた方からの情報です。間違いであればご連絡下さい)も直接頂いていますので、私や他の理事の方々への今回の働きかけもその一環なのかなあと思ってしまいます。

メディア、特にテレビの力は強力です。

真実を見極める方も多くいらっしゃると思いますが、多くの視聴者にとっては、どんな嘘もそれが真実のように映ってしまいます。

朝日放送ムーブディレクター光武さん

あなたによりどれだけ多くの動物や人が不幸にされているか、よく考えてください。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧