2007年4月 8日 (日)

このみちゃんのその後

和泉の犬ブルセラの件があり、ご報告が遅れていましたが、

ひろしまドッグぱーく出身のこのみちゃんに新しい家族ができました!

里親様は本当にすばらしい方で、当院スタッフも皆喜んでいます。

新しい名前は“コロちゃんです。

先住犬さくらちゃんと仲良くしているそうです。

大阪府は、里親はいい加減だから信用できないと言っていますが、私がお会いした里親様方にそのような方は一人もいらっしゃいません。

Nanako2 Nanako

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

コメントへの回答

コメントで回答しようとしたら何故かアクセス不可になり回答できませんので、新たな記事として回答します。ひろしまドッグぱーく⑥のコメントへの回答です。

ボロンさん、はじめまして。

アークエンジェルズさんのブログに胃内異物の事がアップされた後に、電話でその事を聞きました。
特に私が口出しする事ではないので、それはそれで問題ないと思います。
今回の件は、私もばっちゃんを預かる前から何となくではありますが聞いていましたし、預かった際にも高度医療施設での受診うんぬんの話も聞きました。

アークエンジェルズさんのブログで異物の件だけを公開した理由は聞いていませんが、手術後あの2枚の写真を含め口腔内の写真も(計7~8枚だったと思います)お渡ししました。
高度医療施設での手術が必要とアークエンジェルズさんも聞いていたことや、ご承知の通り、ゴタゴタしている件ですので、詳しい説明も無く口腔内の写真のみを載せることは避けたのではないかと思います。
胃内異物(石)は一目瞭然。見れば誰でも分かるし、説明も特別必要ないのでそれだけブログに出したのではないでしょうか?

また、BBS等で偽物ではないかなどの疑いもあったことは聞いていましたし、実際私も書き込みの一部ですが読ませて頂きました。
その事をふまえ、私の方からアークエンジェルズさんに、私のブログで公開することを提案しました。
話題となっている件だけにアークエンジェルズさんも大丈夫かと心配して下さいましたが、何も悪い事をしているわけではないので、公開しました。
異物の件は、アークエンジェルズさんのブログですでに皆さん知っているでしょうから、特に書く必要はないと思い言及していません。
本文で『血液検査、レントゲン検査の結果、胃内異物以外に問題は認められず、・・・』と書きましたので分かって頂けるものと思っていました。

ここでレントゲンの説明をするのもなんですが、臓器は当然動きます。心臓でも仰向けとうつ伏せでかなり違った形に写ります。仰向けにした時の胃内の石と、横向きにした時の胃内の石の位置がずれるのは全く不思議な事ではありません。しかも石は長径約4cm厚み約3cmとあり、割と重いものでした。
レントゲン写真に疑問をもたれたのは獣医師でしょうか?
疑っている方は主治医に写真を見せてみて下さい。偽造する方がよっぽど難しいですよ。

動画は昨日のものです。ブログに出そうと思って急遽お昼に撮ったものです。がっつき方は朝晩はもっと激しく、それは術前、術後も変わりません。腹部の縫合部もほとんど綺麗になっているのでE.カラーなどはしていません。

胃内異物があっても症状を出さない事はよくあります。または、元気も食欲もあるけど、たまに吐くという場合、実は胃内異物だったということもあります。
異物があったけど症状が無かったなどという報告は、ボロンさんの言うとおり無いと思います。というより、そんなこと報告する獣医師はいないと思います。
今回の場合、石を取り出さず、そのままにしておけばそのうち胃炎を起こし嘔吐といった症状が出てきたかもしれませんし、腸に流れ腸閉塞を起こしたかもしれません。もちろんウンチと一緒に出てくる可能性もゼロではありません。

ひろしまドッグぱーくの件で多くの疑問や疑惑が報道されています。私はお金の事や、現地での事を全く知りませんが、アークエンジェルズさんの犬を助けるんだという強い気持ちを応援する意味でお手伝いさせてもらっています。林さんやスタッフ、ボランティアの方々とお話しすると、その気持ちは伝わってきます。よこしまな考えで活動しているといったような感じは全く受けません。(この点は皆さん感じ方が違うかもしれませんね)

今回の件で初めて本格的に愛護団体と関わるようになりました。多くの獣医師は愛護団体に対し、『怪しい』『胡散臭い』『めんどくさい』などの印象から、非協力的ではないでしょうか?
広島でもドッグぱーくの犬というだけで来院を断った病院もあったと聞いています(もちろんお金も問題ではなく)。

私もアークエンジェルズさんに協力しているという事でネットではかなり誹謗中傷を浴びているのは知っています。
こういった事がまた、獣医師を動物愛護団体から遠ざける理由にもなります。

皆さんどうか、100%『黒』にはどんどん批判してください。しかし、単なる噂や疑惑への行き過ぎた批判。または単なる人格批判などは控えるようにして頂ければと思います。
動物愛護活動をより発展させる為に。

P.S.ばっちゃん他アークエンジェルズさんから依頼を受けた犬達に関する質問は基本的には一つ一つお答えしかねます。アークエンジェルズさんから依頼があればいくらでも答えますので、質問はアークエンジェルズさんへ出来ればお願いします。
皆さんで助けた犬達ですが、当院への依頼主はあくまでもアークエンジェルズさんですのでご理解お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月12日 (月)

ひろしまドッグパーク⑥

アークエンジェルズさんに関する様々な情報がテレビやネットで飛び交っているのはご存知の方も多いと思います。最近では訴訟まで起こそうとされる方々も出てきているようで、詳しい事は分かりませんのでコメントできませんが、『医療費を使っていない』という事に関して、少なくとも当院で診察している子達(ドッグぱーく以外の子も含め)に関しては当てはまらないと言っておきます。検査、治療を含め、(治療費を抑えるような)注文をつけられた事はありません。むしろ、『先生にお任せします』と大抵言われます。

先日(1/26)、ばっちゃんというビーグルを治療を含めお預かりしました。最近アークエンジェルズさんのブログで手術に関することが載ったのも知っています。このばっちゃんに関しては色々もめているそうなので、どのように報告すべきか考えていましたが、アークエンジェルズさんと話した結果、口腔鼻腔瘻(左右とも)に関しては私の方から報告するという事になりました。

ばっちゃんは広島で一度手術(簡単な処置?)をされているそうで、口腔鼻腔瘻周囲の歯にはあまり歯石が付いていませんでした。ここまで大きな穴は私自身見たことありませんでしたし、おそらくほとんどの獣医師も同じだと思います。ただ、犬歯抜歯後の口腔鼻腔瘻を閉じる処置はどこの病院でも行われています。

推測ですが、犬歯周囲の歯槽膿漏がひどく、歯肉炎もひどかったため、癒合不全を起こしたのでしょう。感染がひどければ縫合してもなかなか癒合しません。

ばっちゃんは高度医療が必要だと言われていたそうで、アークエンジェルズさんからも初診時に相談がありました。血液検査、レントゲン検査の結果、胃内異物以外に問題は認められず、年令以外の麻酔のリスクは低いと判断でき、口腔鼻腔瘻も術後の再発は十分あり得るが特別な施設や手術器具は必要なく、この分野の専門医(歯科?)も大阪の大学病院や二次診療施設にはいない事を伝え、当院で手術を行う事にしました。

簡単に言えば、穴の周囲と口唇の内側の粘膜を切って縫うだけの手術です。いかに縫ったところが引っ張られないようにするかが最も重要なところですが、穴が大きければ大きいほど当然引っ張られる力は強くなります。再発しやすい手術ですが、難易度の高い手術ではありませんので、ほとんどの病院で手術可能です。

ばっちゃんには術後の管理で問題が一つあります。ドッグぱーくの子達にかなり共通して見られることだと思いますが、フードへのがっつき方です。このみちゃんよりも激しくがっつきます。これによりますます縫合部への負担が強くなります。

ばっちゃんの食べる映像「MVI_1144.avi」をダウンロード

現在術後の経過観察中ですが、再発すれば再手術もしくは歯科の得意な先生への紹介をする予定です。また時期を見て、ご報告できると思います。

P.S. 胃切開翌日からビックリするくらいの変わりない食欲です。 

1 2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

譲渡会の結果

昨日、アークエンジェルズ主催の譲渡会があったことはすでにお知らせしていますが、このみちゃんの結果はどうだったかと言うと、・・・・残念。

里親の希望者はいませんでした。

残念な気持ちと、また一緒に散歩できるうれしい気持ちと複雑です。

昨日は午前のみの診療でしたので、午後4時頃このみちゃんのお迎えに行きました。林さんやボランティアの人達と少し会話をし帰りましたが、テレビカメラが2~3台ありました。林さんは取材も受けていました。昨年のムーブの一方的な編集された放送(視聴者扇動編集とでもいいましょうか)のような放送にならない事を願います。

ちなみに、ムーブの初めの頃の放送の際、私の素性やアークエンジェルズに関わった経緯などかなり詳しく説明して、放送内容に関する疑問点をメールで送りましたが、その疑問を晴らすような回答は、もちろん直接返答頂けず、番組内でも回答していただけませんでした。同じ頃、ムーブではアークエンジェルズに対し、質問の回答が遅いと批判していました。

匿名のアークエンジェルズ批判メールだけでなく、放送内容への質問メールも取り上げて欲しかったですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

ひろしまドッグパーク⑤

皆さん年末が近づいてきましたがいかがお過ごしでしょうか?

当院の患者さまにお渡しするカレンダーの配布も始まっております。何も用が無くてもカレンダーだけでも取りに来てくださいね。先着で無くなり次第配布は終了となります。

さて、最近になってまたドッグぱーく問題が全国的なニュースになっています事を皆さんもご存知だと思います。アークエンジェルズに対する様々な疑惑というのが指摘されていますが、真偽の程は不明です。

私もこの件に関わった一人として100%の真実のみをここでは書いておこうと思います。

当院には9/23に初めて来院されました。もちろんひろしまドッグぱーくからの犬達です。それから、数日から1週間おきに合計24回の来院がありました。これらは、スタッフの方、ボランティアの方、ホストファミリーの方全て合わせた回数です。

全ての検査・治療費に85,130円かかっています。検査薬代・薬代などほとんど仕入原価に近い費用で請求しています。そしてきちんと支払ってもらっています。

当院に来た犬達はおよそ20頭。重症の犬ばかりといってもこれだけの費用がかかりました。報道では獣医師の請求書を見せる、見せないなどとお互い言っているようですが当院の状況をとりあえずお知らせします。

12/21のこのみちゃんの様子です(体重25kg)。先ほどあわてて撮ったのでうまく撮れていない事はご了承下さい。

Konomi 映像もどうぞ「1221konomi.avi」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

ひろしまドッグパーク④

10月15日(日)の『このみちゃん』です。

全国の皆さんが心配されていたみたいですが、すっかり元気になりました。貧血も改善し(Ht:17%から40%へ)、肝酵素の数値(ALT)も(698)という高い数値でしたが、正常値(49)に戻りました。疥癬も2回目の注射を行い、ほとんど駆虫できていると思います。右前足のびっこもかなり良くなりました。

Img_0024_edited Img_0034_edited  映像「konomi.avi」をダウンロード もどうぞ 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

ひろしまドッグパーク③

先日、広島ホームテレビでの獣医師の発言が不適切だとこのブログでも取り上げましたが、テレビ局の陰謀(?)であり、獣医師の本意とはかけ離れていることが分かりましたので、訂正します。

状態のましな犬達を集めたところで、その犬達に対する状態をその獣医師は話したところ、いかにも全ての犬についてかのように編集されていました。

詳しくは、こちらのブログでご確認下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

ひろしまドッグパーク②

当院で預かっている『このみちゃん』の今日の様子です。

Ark_angels1 だいぶ肋骨も分かりにくくなってきているのは分かるでしょうか? 体重も20kgにまでなりました(そのうち数kgはウンチだと思いますが)。

各地で一時保護をされている皆さんご苦労様です。

今月21(土)、22(日)には現地で元気な子達の譲渡会が開かれるようです。心優しい飼主が見つかることを願っています。

Ark_angels2

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

ひろしまドッグパーク

ひろしまdogぱーく』の閉鎖に伴い、数百頭の犬達がいわゆるネグレクト(飼育放棄)という虐待を受けているのが、大阪市の保護団体ARK-ANGELSさん達により発見されました。いろんなブログでも取り上げられています。

数日前に4頭、本日8頭が当院にて検査されましたが、極度の栄養失調、重度~中等度の貧血や疥癬症、耳ダニ、ジアルジア、フィラリア症・・・・と悲惨な状況です。

また当院でも1頭ですが一時保護をさせてもらっています。(ラブラドール13kg)

写真を見てもらえれば分かると思いますが、ひどい痩せ方です。管理者は何故こうなるまで保護団体や行政に助けを求めなかったのでしょうか?この状態で放って置けるという心境は想像できません。

皆さんの中で何らかの協力が出来る方は、是非ARK-ANGELSさんまでご連絡下さい。

治療するにしても少数の獣医師では限界があります。

獣医師会!! 

こんな時こそ組織の力を見せてくれ!!!!

1

≪追加≫

先日広島ホームテレビでニュースが流れました。その中で獣医師は、『飢餓の状態ではないが、かなり痩せている。劣悪でひどいとは判断しないが、普通より栄養状態は悪い』とコメントしています。

私も各ブログやArk Angelsさんのホームページなどで見ているだけですが、どう見ても劣悪です。飢餓の状態です。何頭もの犬が餓死しています。

この獣医師のコメントが、のちのち管理者側に有利な発言として取られることだけは無い様に願います。あのニュースだけでは本当の状態が見えないのではないかと危惧します。

他のテレビ局のニュースはこちらのブログから。

TBSニュース「tbsdogpark.asx」をダウンロード

3

2

| | コメント (5) | トラックバック (0)